afterimage 9th "Go"
特設ホームページ

チケットご購入の方はこちら

公演情報

afterimage 9th “Go”

フライヤー

※チラシはこちら

日程

2021年7月2日(金)~4日(日)

7月2日(金) 19:30~
7月3日(土) 14:00~,19:30~
7月4日(日) 13:00~,17:00~
  • ※開場は開演の30分前
  • ※政府および愛知県の新型コロナウイルス感染症ガイドラインに基づき、開演時間等が変更になる場合があります。

会場

会場:愛知県芸術劇場小ホール(愛知芸術文化センターB1F)
※クリックで劇場への地図が開きます

TEL:052-971-5511(愛知芸術文化センター・代表)
名古屋市営地下鉄東山線・名城線『栄』駅下車 徒歩3分
(駅直結オアシス21地下連絡通路経由)

チケット

!事前精算のみ!

一般:2,800円 学生:1,800円(要学生証提示)

チケット発売日:5月1日(土)12:00より

プレイガイド

<登録不要!>
公式HPチケットフォーム:afterimage 9th “Go”公式HPのチケット受付フォームより
銀行振込にてチケットの購入ができます。
詳しくはチケット/注意事項をご確認ください。
【申込み期間:6/22(火)20:00迄】

<一番簡単!>
LivePocket:https://t.livepocket.jp/t/9thgo2021
【購入可能期間:公演の1時間前まで(支払い種別によります)】

<実券購入!>
愛知県芸術劇場B2Fチケットセンター(「一般」のみ取扱い):電話:052-972-0430
【購入可能期間:公演の前日まで】

“Go”について

思いっきり踊って、たくさんの人に観てもらいたい

言葉にすると幼く聞こえますが、18年前にこのカンパニーがスタートした時から今まで驚くほど気持ちは変わっていません。

いろんな理由でカンパニーとしてダンス公演を出来なかった数年間を経て今、稽古がとても楽しいです。

本当にいろんなことがあった18年ですが、
変わらず体当たりで行きます。
みなさんに受け止めてもらえるよう全力で。

劇場でお会いしましょう。

afterimage 主宰 服部哲郎


ダンサー/スタッフ


振付・出演:服部哲郎
構成・演出:トリエユウスケ

出演:
松竹亭ごみ箱
堀江善弘(以上afterimage)

今津知也(オレンヂスタ)
おにぎりばくばく丸(上田勇介)
サゴー
ハク(シニフィエ)
村田 勇人(C.I.名古屋)
Yuto=Evo.Danceman(ideact/RefleXr)
龍(RE-act)

舞台監督:柴田頼克(かすがい創造庫)
照明:友松裕二(株式会社 三光)
音響デザイン:竹田淳哉(妄烈キネマレコード)
音響操作:馬場祥
演出助手:土方智哉
振付助手:村田勇人(C.I.名古屋)
宣伝美術:清水俊洋
衣装・制作:菅井一輝

主催:afterimage

お問い合わせ先

afterimage

注意事項

チケットをご購入・またはご検討されているお客様へ

  • ※本公演は政府や自治体の定める感染拡大予防ガイドラインに則り上演いたします。 各ガイドラインの変更があった場合は客席数や時間など公演における各種事項が変更になる可能性があります。 万一変更になる場合は決定次第公式HPおよび各種SNSにてお知らせさせていただきます。 また当日券の有無につきましても、公式HPおよびSNS上にて決定次第発表させていただきます。
  • ※公式HPチケットフォームから銀行振り込み(取扱銀行:三菱UFJ銀行)でご購入いただいたチケットは6月中旬頃にご希望の発送方法でお送りさせていただきます。
  • ※会場へのお問合せはご遠慮ください。
  • ※車いすエリアをご検討されるお客様はお問合せ先までご連絡ください。
  • ※開催当日、会場内での感染予防対策にご協力をお願いいたします。
  • ※マスク着用でのご入場およびご観覧をお願いいたします。
  • ※公演中ご声援等の「発声」は感染拡大防止の観点から禁止とさせていただきます。

グッズ

Sorry!
afterimage公式グッズ販売ページは5月下旬にオープン予定です。

チケット/注意事項

afterimage 9th “Go”では政府や自治体等による新型コロナウイルス感染拡大予防のためのガイドラインを遵守し、お客様と公演関係者の安心・安全を最優先に考え、感染予防対策の強化に取り組み、上演を行います。

ご来場いただくお客様におかれましては、以下の注意事項をご一読いただき、ご理解いただいた上で、公演にご来場いただけますよう、お願いいたします。

チケットご購入のお客様へ

  • ■本公演は新型コロナウイルス感染症の拡大によって行政機関や自治体よりイベントの自粛要請が出された場合、公演内容・開催日時・客席数の変更・もしくは公演を中止する場合がございます。
  • ■上記の理由、ほか県外移動の自粛要請などによってお客様がご来場できなくなった場合、お申し出の上でチケットの払い戻しをさせていただきます。その際、受付プレイガイドの種類によっては払い戻しにお時間をいただく場合がございます。
  • ■ご来場されるご本人、もしくは同居されている方が癌の治療中・免疫抑制剤を服用中など高リスク者の方、また家族の介護・看護を行っている人がいる方はご来場を十分にご検討された上で、チケットをご購入していただきますようお願いいたします。
  • ■万が一、会場内で感染症陽性者が確認され、保健所等の行政機関から開示要請があった場合には、ご登録いただいたお客様情報を提供いたしますので、予めご了承ください。
  • ■ご登録いただいた個人情報は、公演終了後1ヶ月間は保管し、その後破棄致します。これらの個人情報については感染拡大防止と公演中止等にかかるお知らせ以外の用途には使用致しません。

  • ■公式HPチケットフォームから銀行振り込み(取扱銀行:三菱UFJ銀行)でご購入いただいたチケットは6月中旬頃にご希望の発送方法でお送りさせていただきます。

ご来場時のお願い

  • ■ご来場の際は、会場入口でのアルコール消毒、入場時の検温にご協力をお願いします。 また入場時の検温の結果、37.5℃以上の発熱が確認された場合はご入場をお断りする場合がございます。
  • ■必ずマスクをご着用の上、ご来場をお願いいたします。 マスクを着用でないお客様の入場は安全面を考慮し、お断りさせていただきます。 なお、マスクはご自身でのご用意をお願いいたします。
  • ■以下に該当する方はご来場をお控えいただきますようお願い申し上げます。
    • 新型コロナウイルス感染症の疑いのある方、または医師によって行動制限を受けている方
    • 37.5℃以上の発熱がある方
    • 過去2週間以内に発熱や感冒症状で受診や服薬等をした、または過去2週間以内に同様の症状にある人との接触歴がある方
    • 咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、眼の痛みや結膜の充血、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐などの症状がある方
    • 過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域等への渡航、並びに、当該国・地域の在住者と濃厚接触がある方
    • その他来場に際し少しでも不安に感じることがある方
  • ■ご入場は整理券番号順での自由席となります。入場列にお並びの際は最低1mの間隔を空けた整列にご協力ください。
  • ■会場内での会話は極力お控えください。
  • ■最低限の水分補給を除き、劇場内でのご飲食はご遠慮ください。
  • ■終演後、出演者によるお見送りはいたしません。入り待ち・出待ちもご遠慮ください。
  • ■感染リスク軽減のため、出演者・スタッフへの差し入れ・プレゼントの受付は控えさせていただきます。

会場での対策

  • ■客席ではお客様同士の距離を十分に確保した座席配置をいたします。感染症の拡大状況によって販売客席数を調整させていただく場合がございます。
  • ■劇場内は空調システムを使用し、外気との循環に努めながら公演を行います。
  • ■公演当日の会場での具体的な対策は6月中旬をめどにチケット購入時にご登録いただいたメールアドレス・公式HP・他SNS等でご案内します。

上記項目以外にも別途追加の対応をお願いする場合もございます。 ご来場前に必ず当特設サイトのご確認をお願いいたします。

参考サイト等

▼劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン
https://www.zenkoubun.jp/info/2020/pdf/0514covid_19.pdf

愛知県新型コロナウイルス感染症対策サイト
https://www.pref.aichi.jp/site/covid19-aichi/

各都道府県の帰国者・接触者相談センター(厚生労働省ホームページ)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

厚生労働省の電話相談窓口:0120-565653 (フリーダイヤル)

afterimageとは?

ふとしたことをきっかけにダンスの洗礼を浴びてしまった服部哲郎を中心に、2003年名古屋で結成。ダンサーは男性のみ。名古屋発のダンスカンパニーとして依然珍しい目で見られ続ける。1st公演『だまれ、蕎麦が伸びる』を皮切りとして様々な形態のダンス作品を創作、2018年には待望の落語パフォーマンス公演『松竹亭一門会』を発表。切れ味鋭いダンスと外連味あふれる演出で売り出すアラフォー突入の男たち。

image

Photo:Hiroshi Tanigawa